G8008

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どんな方法よりも 効果のある節税方法

実は どんな方法よりも 効果のある節税方法は 
 とっても簡単なことなんです

 それは 正しい起業方法と正しい節税対策をしっかり行なえば今まで
 以上の節税効果を手に入れることが出来るのです。

世の中には様々な節税の方法を紹介する情報が出回っています。

 しかし いざ開いてみると、自分が行なっている事業とはかけ離れた規模の会社が
 対象の節税対策であったり、到底 個人事業では出来そうもない節税方法であった
 りします。
 
 そこで どんな事業にも どんな規模の企業にも効果のある節税方法を知ってもらう
 ためにこのホームページを立ち上げました。
 
 あなたが SOHO ・ 起業家なら いくら儲けていても 簡単に喜んでいる
 わけにはいきません。

 それは せっかく儲けたお金を税金で取られてしまう事ほど辛い事はないからです。

 なぜ 私がそんな事を言うかといえば 長年 会計に携わる仕事をしてきた経験から
 いかにこの国の税金が高いかという事を知っているからなのです。

 まず 新規起業であれ 副業であれ 一般的な流れとしては 個人事業でスタート
 する場合が一番多いのです。 

 その後事業が徐々に拡大すると共に 問題になるのが 累進課税 という税金の
 計算方法です。

 つまり 収入が増えた分 段階的に税率が上がるわけですから 
 たまったものではありません

 まさに 儲けた分 そっくり税金で取られるようなものです。

 どのくらいの税金を支払わなければならないかといえば  最高で収入金額の
 40% 近くも取られてしまうのです。

 さらに 本来の税務署に支払う税金以外に県に事業税や市町村に市民税
 も支払わなければならないのです。

 これらを合わせると 支払う金額はなんと 儲けたうちの50%近くにもなります。

 つまり 半分そっくり取られてしまうというわけです。

 さて そんなとき どうすれば高い税金を支払わなくてもよいのか考えて見ましょう

 今までならば一般的に知られているこんな方法がありました。

 それは・・
 ある一定の収入が増えた時点で株式会社を設立して税金対策を行なうという
 方法でした。

 その金額はいくらなのでしょうか?
 
 仮に 収入が1億円であったならば 個人の場合4千5百万円強の税金となり
 株式会社の場合は4千4百万円弱となり 個人事業のまま 継続して納税する
 よりも株式会社を設立する方が節税効果があります。
 
 つまり ここまでが よくある 節税 対策の方法でした。

 しかし 株式会社にしても税金はかかります。

 まるっきり0円とはなりません

全文読まれたい方はコチラをクリック
スポンサーサイト
  1. 2007/03/25(日) 15:37:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gdslkgjsd894.blog86.fc2.com/tb.php/156-7ed92433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

gdslkgjsd894

Author:gdslkgjsd894
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。